草野華余子の卓球の楽しみ方が独特!卓球のボーカル・雄叫びの魅力!

草野華余子 卓球の楽しみ方が独特 卓球のボーカル・雄叫びの魅力

草野華余子さんは、シンガーソングライター・作詞作曲家として活躍しています。

2020年に鬼滅の刃の主題歌「紅蓮華」の作曲をしたことで有名になりました。


草野華余子さんは、今卓球にドハマリ中です。

自ら、卓球をプレーすることはもちろん
卓球観戦をするのも好きだそうです。


草野華余子さんの卓球観戦の楽しみ方は独特。

なんと音で卓球を楽しむそうです。


選手の個性にあふれる雄叫びが魅力的。

草野華余子さんは、
雄叫びは卓球のボーカルだと言っています。


草野華余子さんが語る雄叫びの魅力を紹介します。

目次

草野華余子が語る雄叫びの魅力

草野華余子さんは卓球観戦の際、
選手の個性豊かな雄叫びを楽しんでいるそうです。


草野華余子さんは、
個性豊かな雄叫びは卓球のボーカル」と語っています。

日本の卓球選手の個性豊かな雄叫びを見てみましょう。

  • 水谷隼「ショー」
  • 張本智和 「チョレイ」
  • 福原愛「サー」
  • 伊藤美誠「ショエー」
  • 石川佳純「チョー」

などなど。

草野華余子さんが雄叫びに魅力を感じる理由が何となく分かるような気がします。


選手それぞれ雄叫びが違うので、
選手の個性が出て面白いですね。

雄叫びの発祥は日本

卓球の雄叫びの発祥はなんと日本だそうです。

日本発祥!!

日本人として光栄ですね。


発祥当時の雄叫びは
「ヨッシャー」


日本発祥の雄叫びはどのように
世界中に広がって行ったのでしょうか?

雄叫びの始まりは、1950年代。
日本の卓球が世界を制覇した年代です。


日本が卓球を制覇したことにより、
雄叫びも世界中に広まったそうです。

草野華余子がおすすめする森さくらの雄叫び

草野華余子さんがおすすめする雄叫びは、
森さくら選手の雄叫びです。

草野華余子さんんは、森さくら選手を
「卓球界の雄叫び女王」と読んでいます。


森さくら選手は、
2020年度のTリーグ「シーズンMVP」を受賞
日本女子トップレベルの実力の持ち主です。

森さくら選手の雄叫びは、
「ハアアアアアイ!」
「ハーレア!」
などなど

高い音と恐竜みたいな低い音の雄叫びの2種類があるそうです。

高音の雄叫び
テンションを上げて勢いを出したいとき。
気合い入れたいとき

低音の雄叫び
落ち着いて冷静になろうとすると
反省し自分を鼓舞するとき


雄叫びは喜びだけでなく
気合を入れるときにもするそうです。

実際に、森さくら選手の雄叫びを聴いてみましょう。


張本くんのチョレイを「うるさい」っていう人。
これ見てもまだ同じ事が言えますか?
会場に響く大音量の雄叫び
森さくらの喜びの雄叫び

森さくら選手の雄叫びは、
会場全体に響き渡る大音量の雄叫びですね。


森さくら選手は可愛い顔をしているので、
雄叫びする姿は意外性があります。

そこも、雄叫びの魅力でしょうか?



草野華余子さんが、森さくら選手を
「卓球界の雄叫び女王」と読ぶ理由がわかるような迫力ですね。

草野華余子がかたる雄叫びの魅力

草野華余子さんが語る雄叫びの魅力はいかがでしたか?


草野華余子さんが卓球選手の雄叫びをを、
楽しむ理由がわかるような気がしますね。


雄叫びは、選手によって違い個性がありました。

その個性に、 草野華余子さんは引き込まれていったのでしょうか?

雄叫びは、卓球のボーカル

シンガーソングライターとして活躍する
草野華余子さんらしい表現です。


卓球観戦を音で楽しむ。

草野華余子さんのように音で卓球を楽しむのもありですね。

草野華余子 仲良し4人家族 音楽の英才教育を受けた!結婚・彼氏は?

目次
閉じる