鈴木啓太が設立した会社が怪しいってどういうこと?設立の理由やきっかけが気になる!

鈴木啓太が会社設立 怪しいどういうこと?設立の理由やきっかけは?

鈴木啓太さんは、
有名な元サッカー選手です。

2000年に「浦和レッドダイヤモンズ」へ入団し、ミッドフィールダーとして活躍。

チームの勝利に貢献してきました。

2015年10月20日に自身のFecebookで
16年間の現役生活を引退する事を発表しました。



鈴木啓太さんが現役引退後に起業した会社が怪しいと噂されています

なぜ怪しいと思われいいるのか

どのような会社なのか、
鈴木啓太さんが起業しようと思ったきっかけや理由は何だったのか

気になったので調べてみました。

目次

鈴木啓太が設立した会社

鈴木啓太さんはサッカーの現役引退後、
2015年10月に「AuB(オーブ)株式会社」を設立しました。

鈴木啓太さんは、会社の代表取締役を務めています。

会社の企業資金は、クラウドファンディングで目的の資金調達に成功して得ました。

鈴木啓太が設立した会社が怪しい2つの理由

鈴木啓太、怪しい会社を立ち上げてるのねぇ。

鈴木啓太さんが現役引退後に設立した当初
設立した会社が怪しいと噂になっていました

なぜ、怪しいと思われていたのでしょう?


その要因は、2つあります。

1つ目
鈴木啓太さんの妻・畑野ひろ子さんが会社設立に関わっているという疑惑

「なんだか怪しい」「胡散臭い」となっていたそうです。

2つ目
元サッカー選手の鈴木啓太さんがやるような仕事ではないから。

元サッカー選手らしくないから怪しいと思われていたようです。

Aubの会社紹介ビデオの撮影
協力をさせていただきました!
代表の鈴木啓太さんと初めてお会いする機会をいただけて光栄でした。
上場したら株を買いたい会社は
元サッカー日本代表鈴木啓太氏が代表のAuB株式会社

今では、
鈴木啓太さんが設立した AuB(オーブ)株式会社を応援す声が多数あります。



企業当初は実績もなく、
悪いイメージが飛び交っていた
事でしょう。



しかし鈴木啓太さんが、
ちゃくちゃくと成果を積んできたことで
周りからの評価やイメージが変わってきた
ように思います。

これからも、 鈴木啓太さんが起業した AuB(オーブ)株式会社
成長、活躍していくことを応援しています。

鈴木啓太が設立した会社はどのような会社?

鈴木啓太さんが設立し、代表取締役と務める
AuB(オーブ)株式会社はどのような会社なのでしょうか。

AuB(オーブ)株式会社
腸内細菌解析事業を手がける会社らしいです。

AuB(オーブ)株式会社 の目的は、
アスリートの腸内細菌を解析をし、
アスリートのパフォーマンスや体調管理を支援していくことだそうです。



そのために、アスリートの腸内細菌に関する研究成果をもとに様々な事業をしています。

主な研究内容は、
腸内細菌とアスリートのコンディショニングとの関係だそうです。


4年の歳月をかけ、アスリート特有の腸内環境を発見しました。

その間に得た、アスリートの便の検体は1000体以上にもなるそうです。

1000体以上!!
驚きの数字ですね。

多くのアスリートたちの協力を元に、
アスリート特有の腸内環境を発見したようですね。

根気がいる作業だったことでしょう。

鈴木啓太さんの熱意が感じられます。

この研究から、
日ごろから運動と食事に気を遣うアスリートの、
腸に棲む菌の種類や割合の傾向を突き止めたそうです。

2019年12月
には、
それらの菌で構成する独自の腸内細菌素材
「アスリート菌ミックス」
を使ったサプリメント
「AuB BASE(オーブ ベース)」を発売しました。

2021年1月には、第二弾商品として
腸内環境を整えるプロテイン
「AuB MAKE(オーブ メイク)」を発売しました。

長野県にあるハナマルキさんと共同プロジェクトを立ち上げたり、
慶應義塾大学SFC研究所と共同 研究をしたりもしてきたそうです。

鈴木啓太さんが設立した
AuB(オーブ)株式会社は、
地道な研究を通して、アスリートのパフォーマンスを上げることをや体調管理に貢献しているようです。

アスリートだけでなく、私達一般人にとっても腸内環境は大事。

多くの人の体調管理に役立つ商品を続々と誕生するといいですね。

鈴木啓太が会社を設立した理由

鈴木啓太さんはサッカーの現役を引退後も
ピッチの外側から選手の役立ちたい
現役生活を過ごしたサッカー界へ何か恩返しができないかと考えました。

アスリートのパフォーマンスを向上”させることをして、
サッカー界を引っ張っていけるのではないかと思ったそうです。



アスリートのパフォーマンスには、
コンディションが大きく影響
する。

その頃 鈴木啓太さんは、
トップアスリートは腸内細菌が一般の人より量が多いというデータや、
また腸内細菌に多様性があると健康だというデータがあると知りました。

鈴木啓太さんは、
人の健康やアスリートのパフォーマンスに影響を及ぼす“腸内フローラ”にはまだ解明されていないことが多い、

もしかしたら、優れたアスリートだけに多い“アスリート菌”みたいなものがわかるのではと考えたそうです。

この解析事業をやってみたい、

この事業で、アスリートの体調管理をサポートしたいと思い、
AuB(オーブ)株式会社 を設立したそうです。

アスリートにとって1番悔しいのは十分なパフォーマンスができないことよりも、

コンディションが整わないこと。

コンディションが整った状態で練習を積み重ねていくことができれば、

自ずと最高の能力が発揮できる
ようになる

インタビューで 鈴木啓太さんは、こんな風に語っています。

鈴木啓太さんは、選手を引退しても
別の形でサッカーと向き合い、支えたいという思いで
AuB(オーブ)株式会社 を設立したようですね。

現役を引退しても、
人生の中でサッカーに関わり続けつことは辞めない。
そう思っているのでしょう。

鈴木啓太が腸内環境が大切だと思うきっかけ

鈴木啓太さんは、
もともと調理師だった母から
「健康でいるためにはお腹の調子を整えることが大事。排便したら必ずチェックして
と刷り込まれて育ったそうです。

その影響で、自然と腸によい生活習慣が身についていたそうです。

2004年のアテネ五輪のサッカーアジア予選で
腸内環境を整えるという行為がいかに大事か身を持って知ることになったそうです。

チームメイトのほとんどが下痢で脱水症状に苦しむ中、

鈴木啓太さんは 、日頃から常備している梅干しを食べていたことと、

幼少期から続けてきた腸内環境を整える地道な心がけによって、

コンディションを崩すことなく試合に臨めたそうです。



自分は平気という状況を見て改めて腸内環境を意識するようになったそうです。

「腸内環境を整えることは大切だという母の教え」と「サッカー選手としての経験

鈴木啓太さんが AuB(オーブ)株式会社 を設立するきっかけになったようですね。

鈴木啓太が会社 設立で目指す世界

鈴木啓太さんは、

アスリートは試合で最高のパフォーマンスを発揮して、

サポーターたちはいつまでも元気にスタジアムに応援に行ける。

AuBの事業を通して、そういう世界を実現したいと思っています。

と語っています。

鈴木啓太さんは、
選手だけでなく、応援するサポーターの健康にまで気を使っているようです。

選手にとって、サポーターの元気も
パフォーマンスに影響してきますからね。

鈴木啓太さんが設立した、 AuB(オーブ)株式会社の力で
アスリートも応援する人たちも元気に過ごせる世界が訪れることを応援しています。

鈴木啓太のプロフィール

  • 生年月日: 1981年7月8日
  • 生まれ : 静岡県清水区
  • 身長  : 177 cm
  • 配偶者 : 畑野 ひろ子 (2008年〜)
  • 従兄弟:水野和樹・水野晃樹(共にサッカー選手)
  • 日本プロサッカー選手会元副会長
  • マネジメント所属事務所:セント・フォース

鈴木啓太が設立した会社が怪しいまとめ

鈴木啓太さんが設立した「 AuB(オーブ)株式会社 」が怪しい理由には、
2つありました。

  1. 鈴木啓太さんの妻がかかわっている噂
  2. 元サッカー選手の鈴木啓太さんらしくない

そのどちらも、
なんとなく怪しい、胡散臭い、イメージが悪いというもので

根拠があるものはなかったです。

今では
スポーツ界だけでなく、多くの人から応援されている会社に成長しています。

鈴木啓太さんが設立した
AuB(オーブ)株式会社 」 は、

アスリートの腸内細菌を解析をし、
アスリートのパフォーマンスや体調管理を支援していくことを目標にしている会社です。



鈴木啓太さんが会社を起業した理由は
サッカーの現役を引退した後も
選手の役に立ちたい
恩返しがしたいと言うものでした。

鈴木啓太さんが設立した
AuB(オーブ)株式会社 」で
腸内環境を取り扱うきっかけは、

鈴木啓太さんの母親の
健康でいるためにはお腹の調子を整えることが大事
という教えと
サッカー選手としての経験からだそうです。

鈴木啓太さんが設立した AuB(オーブ)株式会社 について調べてみました。

いかかだったでしょうか?

鈴木啓太さんと AuB(オーブ)株式会社が
今後ますます活躍していくことを応援しています。

目次
閉じる