シュウマイ研究家・種藤 潤の出身、経歴など!辛口評価の妻がいる!

シュウマイ研究家・種藤 潤 プロフィール 辛口評価の妻がいた

シュウマイ研究家として活躍されている、
種藤 潤さん


ほぼ毎日シュウマイを食べ、
多い時は1日3食の日もあるそうです。


これまでに400店800種類以上を食べ歩きました。



種藤 潤さんは、毎日シュウマイを食べるほど、シュウマイを愛しているようですね。


シュウマイを愛してやまない!
シュウマイ研究家・種藤 潤さんの
プロフィールや経歴・家族について紹介していきます。

目次

シュウマイ研究家・種藤潤のプロフィール

シュウマイ研究家・種藤 潤 さん
プロフィール

  • 種藤潤(たねふじ じゅん)

  • タレント名:シュウマイ潤
          (しゅうまい・じゅん)

  • 生年月日  :1977年6月7日
          (2021年で44歳)

  • 出身   :神奈川県茅ヶ崎市

  • 現住所  :東京都世田谷区

  • 兄弟   :三人兄弟の末っ子

  • 出身大学 :神奈川県立茅ヶ崎北陵高校
          横浜国立大学教育学部卒

  • 婚姻歴   :既婚

  • 職業:
    オーガニック専門誌ライター
    ライター、エディター、ウェブプランナー

  • 勤務先:
    オーガニックヴィレッジジャパン
    (メディア担当)
  • 趣味: 
    飲み食い、プロレス・格闘技観戦、
    寄木細工

シュウマイ研究家・種藤潤の経歴

シュウマイ研究家・種藤 潤さんの本業は
フリーランスのライターです。


日本のローカル・オーガニックを中心に、
食や旅、住まい、介護、防災系の仕事取材など、幅広い分野で取材・執筆・編集を行う仕事をしています。


種藤 潤さんは執筆業につくことが夢でした。

執筆業に進もうと考えたきっかけは、
出身大学の卒業生である作家・沢木耕太郎氏に影響を受けたからだそうです。


「何か面白いことができるのでは」と感じたとか。


仕事の中で面白さを探求することは大切ですよね。


種藤 潤さんは、大学の就職活動で、新聞社や出版社などの希望しましたが上手くいかなかったそうです。

そこで、意を決してフリーのライターの道に踏み出しました


フリーのライターとして駆け出した種藤 潤さんの道のりは大変だったようです。

駆け出しの頃は「超貧乏だった」
と、 種藤 潤さんは語っています。

電車賃を駅員から借りたこともあるそうです。


超貧乏を乗り越え、
徐々に執筆の依頼が舞い込むようになり、
現在は忙しい日々を送っているそうです。



執筆業にあこがれ、就職活動で失敗しても、
超貧乏でも諦めず夢を追い続けた結果、

今の、 種藤 潤さんの活躍がある。



夢を追い続けたその思いが通じたのかもしれませんね。


シュウマイ研究家・種藤潤のシュウマイ研究家へのきっかけ

種藤 潤さんが、シュウマイに研究家の道を進むっきっかけになった出来事は、

たまたま取材対象としてシュウマイを調べたことです。



そこで、シュウマイの地位の低さに衝撃を受けました。

「餃子に比べて扱いが悪い」「シュウマイの美味しさをもっと知ってもらいたい」。

種藤 潤さんの探究心に火がついたそうです


種藤 潤さんは神奈川県出身です。
横浜名物「崎陽軒のシューマイ」

幼い頃からシュウマイによく触れる環境で育ちました。

シュウマイへのリスペクトは元から強かったのかもしれませんね。


このことをきっかけに、種藤 潤さんはシュウマイ研究家としての活動をスタートさせました。

  • 2015年頃からシュウマイ研究を開始。
    インスタグラム「シュウマイ生活」を中心に情報を発信。

  • 2018年5月にTBS「マツコの知らない世界」でシュウマイの知らない世界を紹介。

  • 2018年8月には崎陽軒社長と対談。

  • 2019年1月には「東京シュウマイ弁当」(オーガニックキッチン)を監修。

  • 2020年5月には、「東京焼売」を発売。
    東京食材活性化を目指す「メイドイン東京の会」とコラボレーション。

  • 2020年6月7日に「日本シュウマイ協会のサイトをオープン。
    協会としての活動も本格化しはじめる。

他にもシュウマイ関係のイベント企画や執筆、商品開発等を行っています。



種藤 潤さんの夢は、横浜でシュウマイフェスを開催すること。


シュウマイソングやグッズ開発、
ご当地シュウマイを巡る大人のシュウ学旅行

「シュウマイを絡めたアイデアが無限に広がる」とシュウマイ愛が止まらないそうです。



種藤 潤さんは、
横浜をシュウマイの聖地と位置づけ活動。

シュウマイの魅力を発信するシュウマイ研究家として活動しています。


シュウマイ研究家への道を進むきっかけとなった生い立ちは、
こちらの記事に詳しく書いてます。

シュウマイ研究家・種藤潤の辛口評価の妻

種藤 潤さんは、
都内で夫婦2人暮らしをしています。

種藤 潤さんの妻はあまり”シュウ活”に関心ないそうです。



しかし、種藤 潤さんと一緒にシュウマイを食べることで、舌が肥えてきたそうです。

次第に、シュウマイへの評価は辛口になっていきました。



夫の好きなものを一緒に食べる、
仲の良い夫婦ですね。



シュウマイ研究家・種藤潤の地元のおすすめシュウマイ

種藤 潤さんが地元おすすめするシュウマイは、

「麺屋BISQ」のシュウマイ。

「国産豚100%の粗挽き肉に、
ニンニクをほのかに効かせた調味料で味付け。

特注の皮で包んだ大ぶりの特製シュウマイ。」


種藤 潤さんの心をがっちりつかんだそうです。



ニンニクが入ったシュウマイは初かも。
最高に旨い。
シュウマイは作るのに手がかかる。


『シュウマイあるところに名店あり』なんですよ」

と、種藤 潤さんは語っています。



ラーメン屋にシュウマイ!!
珍しい組み合わせですね。

神奈川県では当たり前なのでしょうか?

  • 住所  :神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-7-21 ブルーマリン茅ヶ崎1F
  • 電話番号:0467-33-5229
  • 営業時間:[火、水、金]11:00~14:30/18:00~21:00
    [土日、祝日]11:00~14:30/18:00~20:00
  • 定休日 :月曜日 ※月曜が祝日の場合は営業し、翌日に振り替え

シュウマイ研究家・種藤潤まとめ

種藤 潤さんの

  • プロフィール、経歴、
  • シュウマイ研究家のきっかけ、
  • シュウマイへの評価が辛口になった妻
  • 地元のおすすめシュウマイ

を紹介しました。
いかがだったでしょうか?

シュウマイに慣れ親しんだ 種藤 潤さんにとって、シュウマイの地位の低さは衝撃的だったようですね。


シュウマイ研究家 ・種藤 潤さんの“シュウ活”はまだまだ始まったばかり。


これからの活躍が楽しみですね。

目次
閉じる