シュウマイ研究家・種藤潤が紹介!福岡鶏シュウマイは日本一あっさり!

シュウマイ研究家 種藤潤 紹介 福岡鶏シュウマイは日本一あっさり!?

シュウマイ研究家・種藤潤さんは、365日シュウマイを食べるほど
シュウマイが大好きです。


これまでに食べたシュウマイは、
400店800種類以上になるそうです。


なかでも、シュウマイ研究家・種藤潤さんが特におすすめするシュウマイが
福岡県・焼売酒場の「鶏シュウマイ」です。


「鶏シュウマイ」とは、
どんなシュウマイなのでしょうか。


シュウマイ研究家・種藤潤さんおすすめ、
福岡県・焼売酒場の「鶏シュウマイ」を紹介します。

目次

シュウマイ研究家・種藤潤が紹介した福岡県「鶏シュウマイ」

シュウマイ研究家・種藤潤さんがおすすめするシュウマイは
福岡県・焼売酒場いしいの「鶏シュウマイ」 です。

「鶏シュウマイ」は
あっさりとした味わいだが、
鶏肉の旨味がキュッと詰まっている
フワフワ食感のシュウマイです。


あっさりしているので、何個でも食べ続けることができるそうです。

女性1人で20個食べた人もいたとか!



子どもから年配の方まで多くの人に愛されるシュウマイです。


九州産鶏肉と糸島産の濃厚な卵を使った餡を
店舗で一つ一つ丁寧に手包みしています。


注文が入ってから蒸していくので、
いつでもアツアツのシュウマイが味わえるそうです。

焼売酒場いしい 天神店

  • 住所:福岡市中央区渡辺通5-20-6
  • 電話番号:092-406-4104
  • 営業時間:15:00〜24:00(OS23:00)
  • 定休日:不定

福岡県・鶏シュウマイ 4つのこだわり

シュウマイ研究家・種藤潤さんが紹介する、
福岡県・焼売酒場いしいの「鶏シュウマイ」のこだわりは4つあります。

1・うすい皮

焼売の皮は、
ゆるめの餡を包むギリギリの薄さ」に挑戦したそうです。
 0.3mm

皮が薄いので、
肉本来の旨みをダイレクトに感じることができるシュウマイです。

2・あっさり鶏餡 

鶏肉は食感が良いようにと
粗挽きミンチと細引きミンチの2種類をブレンド。

野菜は玉ねぎのみ。
ニンニクは使用していません。

蒸すことで玉ねぎの甘みが引き立つそうです。


ジューシーでありながら食べ応えもある食感を実現したそうです。

3・大きさ&重さ

2口で食べられるサイズを意識し、
一般的なシュウマイよりも少し重めにしたそうです。
 直径5cm・重さ35g


食べ応えのあるシュウマイに仕上げたったそうです。

4.短い蒸し時間 

蒸し時間は約7分と短めです。

注文から配膳までのテンポがよく、
パクパクと食べることが出来ます

「鶏シュウマイ」誕生までの道のり

シュウマイ研究家・種藤潤さんが紹介する、
福岡県・焼売酒場いしいの「鶏シュウマイ」が誕生するまでの道のりは
厳しいものだったようです。

開発者の店主・石井克典さんは、全国各地のシュウマイを食べ歩き、
試作・試食を繰り返しました。

試作・試食を続ける毎日の中で、
「豚のシュウマイはたくさん食べられない」と気づいたそうです。


シュウマイには、たくさん食べることが出来ないというネガティブな要素がある。


どうにかして、たくさん食べる事のできるシュウマイに出来ないかと
開発者の店主・石井克典さんは考えました。


旨味を残しつつ日本一あっさりとしていて、
何個でも食べ続けることができるシュウマイ


そこで、誕生したのが、
「鶏シュウマイ」です。

「鶏シュウマイ」開発のきっかけ

シュウマイ研究家・種藤潤さんが紹介する、
「鶏シュウマイ」が開発されたきっかけは、

福岡県には餃子文化があるが、
シュウマイ専門店はほとんどないこと。



開発者・焼売酒場いしいの店主・石井克典さんは、
福岡を代表するシュウマイを作ってみたいと考えたそうです。

横浜の『崎陽軒』、大阪の『551蓬莱』というシュウマイの名店に続く、
福岡の『焼売酒場いしい』にしたい。


その思いから、福岡県でシュウマイを開発ししてきたそうです。

福岡県・「鶏シュウマイ」の今後

シュウマイ研究家・種藤潤さんが紹介する、
福岡県・焼売酒場いしいの「鶏シュウマイ」全国に羽ばたこうとしています。

「焼売酒場いしい」は
東京や大阪でのフランチャイズ展開やセントラルキッチン開設に向けて、準備を進めているそうです。

また、「鶏シュウマイ」を土産物として売り出していく計画も進んでいるらしいです。

福岡県の新名物になりかけている焼売酒場いしいの「鶏シュウマイ」が
福岡県から飛びだし、全国へ。


シュウマイ研究家・種藤潤さんがおすすめする「鶏シュウマイ」が
空港のお土産の定番商品になる日が楽しみですね。

シュウマイ研究家・種藤潤が紹介した福岡県「鶏シュウマイ」 まとめ

シュウマイ研究家・種藤潤さんが紹介する
福岡県・焼売酒場の「鶏シュウマイ」 。

いかがだったでしょうか?

あっさりしていて、何個でも食べ続けることができるシュウマイ


あっさりしているが、鶏肉の旨味がぎゅっと詰まっている。


そのこだわりは、

  1. うすい皮
  2. あっさり鶏餡
  3. 大きさ&重さ
  4. 短い蒸し時間

福岡県を代表するシュウマイを作ってみたいという、
開発者・焼売酒場店主の石井克典さんの思いから生まれた「鶏シュウマイ」

現在、フランチャイズ展開、お土産としての売出しの準備中です。

開発者・焼売酒場店主の石井克典さんの思いが届いた結果ですね。

福岡県・焼売酒場の「鶏シュウマイ」 のさらなる発展と
シュウマイ研究家・種藤潤さんの活躍を応援しています。

目次
閉じる